キャプランとノートンの戦略バランスト・スコアカード



「ひらきこもり」のすすめ―デジタル時代の仕事論 (講談社現代新書)辞めることから始めよう 行動編独立して成功する!「超」仕事術 (ちくま新書)フィッシュ!おかわり―オフィスをもっとぴちぴちにする3つの秘訣キャプランとノートンの戦略バランスト・スコアカードMBAの人材戦略コーチング一日一話 今日から始める「気づき」の365項目満天の星―フルキャスト物語医療を動かす―HSP(東京大学医療政策人材養成講座)の活動記録富士通の知的「現場」改革


キャプランとノートンの戦略バランスト・スコアカード
キャプランとノートンの戦略バランスト・スコアカード

ジャンル:
セールスランク:74127 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 3,570 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

本書は、管理会計の分野で理論的・実践的成果を上げてきたキャプランとノートンが、最新のマネジメントコントロール手法を紹介したビジネス書である。

彼らが提唱しているのは企業評価のための「バランスト・スコアカード」といって、従来の財務諸表に代わる野心的ツールである。2人は、そのバランスト・スコアカードに関する本をすでに1996年に公刊したが、それを理論書とすれば、2冊目に当たる本書は実務家のための手引書ともいうべきものである。

従来型の業績評価は財務尺度だけで行われてきた。しかし財務尺度は、過去の行動の結果を示す遅行指標にすぎない。それに対して著者が提唱するバランスト・スコアカードでは、財務の視点に立った尺度のほかに、顧客、内部プロセス、学習と成長という3つの異なる視点に立った尺度が考慮される。結果として、それは戦略の測定に役立ち、戦略実行の有力な武器となるのである。記述は平易で、わかりやすく、具体的である。戦略志向の組織が持つべき5つの原則を提示し、それに沿って豊富な事例がレポートされている。

著者の1人のキャプランはハーバード・ビジネス・スクールの教授であり、もう1人の著者のノートンは、バランスト・スコアカードの研究・普及を業務とする会社の社長である。理論的に野心的なツールをアカデミックな世界にとどめずに、広く普及させようという強い意志が、このコンビには感じられる。

実際、本書を通読すると、この書物自体がバランスト・スコアカードのよくできたプロパガンダだという印象さえ受ける。とはいえ、本書が実務的に有用な手引書であることには疑問の余地がない。翻訳も、丁寧な仕事である。

あえて本書に不満をもつとすれば、日本の事例が含まれていないことだ。もう1つ、研究開発といった不確実性の高い業務を担う組織で、バランスト・スコアカードがいかにしたら適用可能かも触れられていない。(榊原清則)



BSCがちょっとわかりにくい・・・。

バランスとスコアカードの理念的なものが紹介されている本ではなく、
事例を元に、複数の企業のBSCと、その結果を、
経過を辿るように説明されている実務書である。

BSCとは、顧客視点、内部視点、財務視点、教育視点による戦略を
分解したものであり、大企業での戦略の方向性を、
簡素化するために可視化することで、企業がどの方向性に進めばよいか、
ベクトルの基準を定めるのに、分かり易いツールである。

BSCを利用して、業務評価を行ったり、
戦略、予算の作成を行うなど、有用なものなので、
もう少し突っ込んで勉強したいな。と思いました。
冗長で読みにくい

冗長で読みにくい。

バランストスコアカードの開発者みずからの著作なだけに、バランストスコアカードはとても優れている、バランストスコアカードでこんなにうまくいった、というようなアピール、自慢話ばかり。

また、事例の豊富さが売りの本ではあるが、全て海外であることにも留意。



東洋経済新報社
バランス・スコアカード―新しい経営指標による企業変革
戦略マップ バランスト・スコアカードの新・戦略実行フレームワーク (Harvard business school press)
戦略的管理会計―キャッシュフローと価値創造の経営
企業価値創造のためのABCとバランスト・スコアカード
管理会計―戦略的ファイナンスと分権的組織管理







         
         
         
         

お絵かき掲示板レンタル