投資の王道・実践編 日経平均先物取引



投資の王道・実践編 日経平均先物取引金融工学マネーゲームの魔術 (講談社プラスアルファ新書)デイトレードで毎日を給料日にする!―小さいリスクで確実なリターン相場で負けたときに読む本 実践編ポケット図解 外為FXの買い時・売り時がわかる本 (Shuwasystem Business Guide Book)株価チャート練習帳 スイング&デイトレ編PCIデータセキュリティ基準完全対策中堅・中小企業のためのERP導入実践ガイド07-08年版 (日経BPパソコンベストムック)なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方ウォール街で勝つ法則 − 株式投資で最高の収益を上げるために


投資の王道・実践編 日経平均先物取引
投資の王道・実践編 日経平均先物取引

ジャンル:
セールスランク:27701 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 2,310 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

オーソドックス

オーソドックスだけど
重要なことが述べてある。
基本的なことが多く著者の他の本を
持っていない人にはお勧め。
ダウ理論に株価が従うのは
定義だからという言及は、根拠が乏しいように
感じた。
リスクヘッジの場に個人を嵌め込む愚かさ

 先物を含む金融派生商品の役割は現物を抱えた投資家のリスクヘッジを提供することと認識しています。それはレバレッジの高さ(低コスト)、限月制(サヤ、ロールオーバー)に代表される現物相場にない固有の制度を見れば明らかでしょう。
 本来ヘッジングの場として設けられた先物取引を本書は個人にはスペキュレーションの場としてしか紹介していない点「少ない証拠金で大きな利益を得ることが出来る」「裁定取引はプロの世界だだから素人には関係ない」に厳しい評価をつけさせていただきます。
 日経225先物のチャートを見ているとしばしば、寄り付きから窓を空け、価格が飛んで開始します。投機の場として先物指数相場は一般の現物株式と比べ荒っぽい相場つきです。CMEのNikkei225がその主犯であるのですが・・・。そのような相場で少額資金の個人が、筆者が主張されるトレンドフォロー戦略を行うとどうなるか?ギャップによる損切りが連発してすぐに追証がかかることが目に見えています。それを防ごうとすれば、イブニングセッション、さらにSGXやCMEでトレードを行う必要があります。
 金融先物相場の機能紹介における誤り、トレンドフォロー戦略適用の誤りがあるうえ「投資の王道」という罪つくりなタイトル。これが日本経済新聞社から出版される不思議さ。一般個人投資家にはお勧め出来ない内容です。225先物をデイトレ専業で行うならばタートルスープ戦略等の紹介をしておくのがバランスのとれた記述と思います。
 個人投資家で先物相場でどうしてもトレンドフォロー戦略を行いたい方は、「伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術」を一読され、トレンドフォローの光と影を十分理解したうえ参加されることをお勧めします。
トレンドフォローの重要性を教えてくれます

このような本を待っていました。

新井氏は著書の中で、(特にレバレッジが効いた
先物市場などでは)徹底して逆張りを否定しています。
逆張り系統のテクニカル分析は禁止とまで言い切っています。

なぜそこまで強く言う必要があるのかはこの本を読めば
分かります。
現在は動きが鈍い225ですが、それでも
レバレッジは株式の信用取引の比ではありませんので
間違った投資方法をしていたら生き残れません。

初心者にこそオススメします。

竹本淳一
日経225を解説した数少ない解説書

日経225は投資家にとって非常にメリットのある投資方法だが、それを解説した本がほとんど無く、機関投資家などが日経225を利用して利益を得続けてきた。
現在、ネット証券の手数料が非常に安くなり、個人投資家も日経225を気軽に売買できるようになった今、現物株の下げ相場で苦しんでいる投資家は、
是非、日経225をこの本で学習してみてください。
相場の基本の徹底

投資の王道シリーズ第3弾。今回は待ちに待った日経平均先物編です。日経平均先物とはどのようなものかとゆう説明以外は1、2作目と主張されていることは一貫されていると思います。投資する商品が変わっても相場の基本は同じなんだなあと思いました。投資の王道とゆうのは無くて基本をしっかり身につけ忠実に実行していくことこそが王道なのかも知れないと改めて思わせる著書です。「株で何億・・・」とゆうような本を何冊も読むより投資の王道シリーズを何回も読みなおし実際の相場で検証していくことの方が上達する近道。否、王道だと思いました。



日経BP社
投資の王道 実践編 日経平均オプション取引
投資の王道―株式市場のテクニカル分析
日経225先物取引 基本と実践 (儲かる!株の教科書)
高田式日経225先物システムトレード連勝法 (実践トレーディングBOOK)
株価が読めるチャート分析入門―売買シグナルはどうつかむか!?初心者からセミプロまで使えるテクニカル分析の決定版







         
         
         
         

お絵かき掲示板レンタル