損益計算書とは
 
損益計算書とは、会計期間内にて、売上高の合計額から、原価と経費を引いて、当期純利益を計算・表示する報告書です。
損益計算書・貸借対照表・キャッシュフロー計算書は、一般に公告することが義務付けられています。
 
損益計算書の収益・費用
 
損益計算書の収益とは、売上高・営業外収益・特別利益となり、費用とは、売上原価・販売費・般管理費・営業外費用・特別損失となります。
収益と費用の差額が利益で、利益を多くすることが企業の最大の目標です。
 
費用 収益
利益
 
損益計算書の区分
 
損益計算書は、利益を計算・表示するためのもので、さらに収益と費用を発生元別に分類することで、利益の発生過程(どこから利益が出たか)も表示します。
 
  1. 営業活動により発生
  2. 営業活動に伴い発生
  3. 臨時的に発生
 
各々の区分で計算される利益は
 
  1. 営業活動からの利益
    → 営業利益
  2. 営業活動に伴う利益
    → 経常利益
  3. 最終的な利益
    → (税引前)当期純利益
お絵かき掲示板レンタル