貸借対照表とは
 
貸借対照表とは、月末や決算日等会計期間の最終日において、会社の資産・負債・資本を企業外へ公告するための報告書で、損益計算書・キャッシュフロー計算書と共に財務諸表を構成し、一般に公表することが義務付けられています。
 
資産 負債
資本
 
貸借対照表の区分
 
貸借対照表を構成する資産は、流動資産・固定資産・繰延資産、負債は流動負債・固定負債に区分され、流動性の高い項目から列挙されていきます。
 
資産の部 流動資産 流動負債 負債の部
固定資産 固定負債
繰延資産 資本の部
 
資産
 
資産とは、現金・預金・売掛金・商品・有価証券といった換金性のあるもの、建物・備品といった使用価値のあるものが該当します。
資産はおおよそ、流動資産・固定資産・繰延資産に分類されます。
 
流動資産
 
流動資産(1年以内に現金化される資産)とは、現預金・売掛金等の売上債権、棚卸資産等。
 
固定資産
 
固定資産(長期間、使用・保有する資産)とは、有形固定資産・無形固定資産があり有形固定資産は、建物・土地・機械など、無形固定資産とは特許権・営業権・商標権といった法律上の権利のこと。
 
繰延資産
 
繰延資産とは、企業が創立・株式発行に要したコストなど、支出の効果が将来にわたって、長期的と見込まれる特定の費用をいいます。
 
負債
 
負債とは、企業等の経済的負担で、貨幣額で合理的に評価されるものである、と会計学的に定義されます。
負債は大まかに流動負債と固定負債とに分類されます。
 
流動負債
 
1年以内に返済義務のある負債を流動負債といいます。
 
固定負債
 
固定負債とは、1年を超えて支払い義務のある負債のことで、社債や長期借入金、退職給付引当金などがそれに該当します。
企業が調達した資金の安定性という観点からは、短期に返済することを要する流動負債(短期借入)よりは固定負債(長期借入)のほうが望ましいといえます。
しかし、一般的に長期借入は短期借入より、銀行などの債権者にとって、より貸し倒れリスクが高いといえますので、債務者である企業側にとって資金の借入コスト(調達コスト)が高いというデメリットもあります。
お絵かき掲示板レンタル
http://ameblo.jp/turn-over-40/