単式簿記
 
 資金の収支を重視し、一つの科目に対して記録・集計する方法で、現金出納帳・預金出納帳を用いて、収支と残高を容易に把握できる特徴がある。
馴染みのある所で、家計簿・お小遣い帳などが単式簿記です。
 
複式簿記
 
 全ての取引を、資産・負債・資本・費用・収益の勘定科目を用い、賃借平均の原理に基づき記録・計算・整理するのが複式簿記です。
複式簿記は、単式簿記と比べて複雑だが、財産・損益を全体的に把握することできます。
 会社の決算では、複式簿記によって作成した貸借対照表・損益計算書を公表することが義務付けられています。
 
 
 
 ※ 賃借平均の原理とは、複式簿記では取引金額を、原因・結果から借方と貸方に分け同一金額を記録するため、借方と貸方の合計額は常に一致することになる。
お絵かき掲示板レンタル